上級者コース
  • HOME »
  • 上級者コース

ダイビングが上達したら海外ツアーを満喫しよう

  • モルディブ共和国

    モルディブ共和国
    モルディブはインド洋にある島国。
    ジンベエザメやマンタと言った大物との遭遇、イキイキとしたサンゴ礁、圧倒的な迫力の魚群。ダイバーの夢がすべてかなうモルディブの海は、常に大人気。
    ダイビングポイントのクオリティとバリエーションがとても豊富で「世界最高峰」と言われていて何度でも遊びに行きたくなる場所。 特徴としてはドリフトダイビングが多いため、中性浮力のスキル・ダイブコンピュータの扱いはマスターしておきたい。
  • パラオ共和国

    パラオ共和国
    太平洋上のミクロネシア地域の島々からなる国。
    太平洋戦争の歴史があり、今年の2月には天皇陛下も訪れた。
    大物続出の「ブルーコーナー」では魚の多さと種類の豊富さが魅力的。一年中サメ・マンタが見られるし、その他にもバラクーダロウニンアジ・ナポレオンフィッシュ・イルカ・カジキマグロなどとダイバーが見たいと思う魚のほとんどがパラオで見ることができる。このポイントは流れがあるため必ずカレントフックを使用する。
  • サイパン島(北マリアナ諸島)

    サイパン島(北マリアナ諸島)
    サンマーレオーナー光永の第二のふるさとである、サイパン。
    ダイビングポイント「グロット」はダイバーが一度はチャレンジする有名なスポット。外洋とつながった自然が作り上げたプールがあり、110段の階段を降りてエントリーする。
    エキジットの際も階段を登るので、体力が必要となる。水中には大きな三角のトンネルがあり、そこから射し込む光は神秘的でとても美しい世界である。ぜひ基礎体力をつけて挑んでほしいポイントだ。
  • セブ島(フィリピン共和国)

    セブ島(フィリピン共和国)
    エメラルドグリーンに輝く美しい海に囲まれたフィリピン、セブ島。魚は2000種類以上。
    サンゴ礁は800種類以上もあり、地球にあるほとんどのサンゴを見ることができると言われている。
    ダイビングポイントはいろいろ楽しい場所があるがその中でオススメなのが野生のジンベエザメと一緒に泳げるポイントである。近くで見るジンベエザメは迫力満点だし、どことなく心を癒してくれる雰囲気がある。
  • ロタ島(北マリアナ連邦)

    ロタ島(北マリアナ連邦)
    サイパンの南、グアムの北にある小さな島。
    サイパンから小型ジェット機を使って約30分で到着する。豪華なリゾートもショッピングセンターもない。
    ダイビングポイントは「ロタホール」と「松運丸(沈潜)」が有名だ。水深35mにある沈潜は全長約100mの大きさ。透明度が高いので、水面からも船体の様子が確認できるときもある。
    あらかじめレック(沈潜)ダイビングSPを学ぶと沈潜の見方も変わりさらに船の歴史も調べると、内容の濃いダイビングが楽しめるだろう。
  • バリ島(インドネシア)

    バリ島(インドネシア)
    赤道を超えた場所にあるバリ島。
    リゾート地としては日本人からも人気の国である。
    ここの海はプランクトンが豊富なので、大物・マクロが見放題。地形もおもしろいポイントが多いためどんなダイバーでも必ず大満足できる。一番の人気ポイントはヌサペニダ。ここでは巨大マンボウ(体長3m)と遭遇できる確率が非常に高い。運が良ければ10匹以上のマンボウと泳ぐことが出来る
    大きくて迫力はあるが一緒に泳いでいるだけで心癒される。

ダイビングインストラクターになって働こう

  • リゾートインストラクター

    海のそばで働きたいリゾートインストラクター
    海外や国内の南の島などにあるリゾートやホテル、ダイビングショップで働くインストラクター。
    ずっと海のそばで仕事ができるから海好きには人気No1の仕事。
    都会から離れたい人にもオススメ!非日常生活が日常に・・・
  • シティ派インストラクター

    海が好き!でも都会の生活を続けたい!シティ派インストラクター
    都会・街中にあるダイビングスクールで働く。安定した収入が得られる上で、海で働きながら今の生活が続けれる。将来自分の店を持ちたい人などは経営について学べるので、夢は広がりますね♪
  • フリーインストラクター

    自分の好きな時に働きたい!フリーインストラクター
    今の仕事を続けながら、好きなときだけダイビングのインストラクターとして仕事がしたい人はこちら。
    ダイビングレベルも上がり、楽しさも広がります。
    サンマーレでも多くの人が活躍してます。

上級者コースツアー情報はこちら

インストラクターになるまで

  • 1.ITC(インストラクタートレーニングコース)
    1.ホームスタディ
    コース開催までに、ビデオをインストラクターマニュアルを事前に予習し、ITCに備えます。
    2.学科セクション
    16章のセクションがあります(4日間)
    3.プールセクション(2日間)
    スキル評価、ワークショップ、プールプレゼンテーションを行います。
    4.海洋セクション
    海洋でさらにスキル評価、ワークショップ、海洋プレゼンテーションを行います。また、状況判断、救急スキルに重点を置き学んでいきます。
  • 2.AI(アソシエイトインストラクター)
    インストラクター評価試験に合格するために、実際に経験や指導を行っていきます。
  • 3.IE(インストラクターエバリューション)
    SSIから派遣されたIC試験官が来て、インストラクター評価試験を行います。(1日~2日)
  • 4.OW(オープンウォーター・インストラクター)
    晴れてインストラクターになれます。

インストラクター

コース料金 ¥231,000
教材費 ¥63,200
申請料 ¥8,400
募集期間 2017年上半期募集中
説明会 随時 ※お気軽にお問い合わせください

お客様の声

米田 様

インストラクター

スキューバダイビングの世界を知ったのは、1960年代の「わんぱくフリッパー」という、アメリカのテレビドラマでした。
子供の頃からの憧れを手にしたのは、2000年の40年後になりました。
楽しい世界を満喫し、ランクアップを重ねる中で学んだことは、「仲間と一緒に安全なダイビングを楽しみたい」という想いでした。

結果、インストラクターの道を進むこととなりました。
第二の人生をインストラクターとして、ダイビング人生を楽しんで行きたいと、ただ今頑張って勉強しています。

会員専用ページへ

インフォメーション

〒514-0815
三重県津市藤方 593-1 map
MAIL : info@sanmare.jp

お問い合わせ・資料請求

モバイル用サイトはこちらから

facebook